弁護士費用について

弁護士費用のご説明

法律相談料は、30分5500円(税込)です。

事件のご依頼を頂く場合には、通常、着手金・報酬金が必要となります。
また、それ以外に、実費(交通費、印税など)や遠方へと出張する場合の日当が必要となります。

 

弁護士費用の種類(概要)

法律相談料

弁護士が法律相談に応じた場合にお支払い頂く金銭です。
なお、顧問契約していただくと、日常的に発生する問題について、一定の範囲で無料相談をしていただくことができます。

着手金

事件をご依頼いただく時点でお支払いいただく金銭です。
成功した場合には、別途、報酬金をお支払いいただくことになります。

報酬金

事件が終了した時点でお支払いいただく金銭です。

 

当事務所では、旧日弁連報酬基準(※)に依拠しており、ご参考までに、民事訴訟を受任した場合における着手金と報酬金の目安についてご説明します。

※ 旧日弁連報酬基準とは、日弁連が定めていた報酬基準ですが、平成16年4月1日に廃止されました。しかし、現在もほとんどの法律事務所がこの基準に則って、報酬を決定しています。
経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3000万円以下の場合 5%+9万円   10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円
なお、具体的な弁護士費用は、事件の複雑さの程度等により金額は上下しますので法律相談の際にご説明申し上げます。また、訴訟手続以外の手続(調停手続、破産申し立て手続等)とった場合には、金額が異なります。